東京メトロとNTTコミュニケーションズ、AIとコミュニケーションロボットで駅利用客案内の実証実験開始

 東京地下鉄(以下 東京メトロ)と、NTTコミュニケーションズ(以下 NTT Com)は、NTT Comの日本語対話AIである「Communication Engine "COTOHA® Virtual Assistant "」(以下「COTOHA® Virtual Assistant」)と、コミュニケーションロボット「Sota」を組み合わせ、東京メトロ新橋駅の利用客に対して、駅構内や乗換案内などのご案内を行う共同実証実験を2018年7月30日(月)より開始すると発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] AI・機械学習 ロボット

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東京メトロ新橋駅構内にコミュニケーションロボット「Sota」を設置し、利欲客からの駅構内や乗換などに関するお問い合わせを音声により認識。そして、認識した音声を「COTOHA® Virtual Assistant」が理解し、より自然な会話形式でのご案内をお客さまに回答するという。

実施場所:東京メトロ新橋駅 定期券うりば内

日時:2018年7月30日(月)~2018年8月8日(水) 10:00~15:00

応対内容:

  • 駅構内設備のご案内(トイレ、コインロッカー、ATMなどの場所)
  • 東京メトロ新橋駅銀座線改札口のご案内
  • 乗換案内(例:羽田空港への行き方)