Dentsu Lab TokyoとNTTの研究所、新たな感動体験を創造する共同プロジェクト始動

第1弾は、リアルタイムに空間を丸ごと伝送・再現する「+3人称電話」

 電通のDentsu Lab TokyoとNTTの研究所は、クリエーティブとテクノロジーの融合で、新たな感動体験を創造する共同プロジェクトの始動を発表した。  第1弾の「+3人称電話」では、リアルタイムに競技空間やライブ会場を「丸ごと」伝送・再現し、体験者をリアルタイムで切り出してディスプレイに表示することで、お互いを第三者の視点から観察して対話できる新しいコミュニケーションを実現する。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] テクノロジー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 電通のDentsu Lab Tokyoと日本電信電話(以下、NTT)の研究所は、クリエーティブとテクノロジーの融合で、新たな感動体験を創造する共同プロジェクト(2020年6月30日まで)の始動を発表した。

 プロジェクトの第1弾として、10月13日~11月18日にNTTインターコミュニケーション・センターで行われる特別展「“感じる”インフラストラクチャー 共感と多様性の社会に向けて」に「+3人称(プラスさんにんしょう)電話」を共同出展する。

 「+3人称電話」では、リアルタイムに競技空間やライブ会場を「丸ごと」伝送・再現し、体験者をリアルタイムで切り出してディスプレイに表示することで、お互いを第三者の視点から観察して対話できる新しいコミュニケーションを実現するという。

 Dentsu Lab TokyoとNTTの研究所は、「クリエーティブ×テクノロジー」での新たな感動体験の創造と、そのプロセスを通じ、未来の日本を支える次世代クリエーティブ・テクノロジスト人材の育成を目指すとしている。