問題に名前をつける「外在化」の威力を知る──「組織的対話」に存在する障壁の高さを解消するには?

『ナラティヴ・アプローチ』ワークショップレポート【後編】

[公開日]

[講演者] 宇田川 元一 稲墻 聡一郎 猪熊 真理子 [取材・構成] やつづかえり [編] 栗原 茂(Biz/Zine編集部)

[タグ] ワークスタイル 企業戦略 組織変革 対話 ナラティヴ・アプローチ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを読むには会員になる必要があります。

会員登録(無料)ログインはこちら

バックナンバー