KDDI、金融持株会社「auフィナンシャルホールディングス」設立と「スマートマネー構想」の始動を発表

 KDDIは、決済・金融事業の強化を目的に、中間金融持株会社「auフィナンシャルホールディングス株式会社」を設立した。また、スマホ・セントリックな決済、金融体験を総合的に提供する「スマートマネー構想」の始動を発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 金融 事業開発

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIは、2019年4月1日付で、じぶん銀行、KDDIフィナンシャルサービス、ウェブマネー、KDDIアセットマネジメント、KDDI Reinsurance Corporationの5社を「auフィナンシャルホールディングス」の傘下に移管する予定だという。加えて「auフィナンシャルホールディングス」傘下の5社、KDDIグループのau損害保険およびカブドットコム証券の社名を、2019年度中にauブランドを冠した名称に統一する予定。

 これにあわせて、KDDIは、スマートフォンをあらゆる金融サービスの入り口とし、顧客にスマホ・セントリックな決済、金融体験を総合的に提供する「スマートマネー構想」を始動すると発表した。

 今後「au WALLET」を軸に、貯める、支払う、殖やす、借りる、備える、といった顧客の決済・金融にかかわる活動をワンストップで提供し、一人ひとりのライフプランにあわせたサービスを拡充していく予定だとしている。