SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

意思決定プロセスを変革するOKRとは?

葉村さんが実践してきたビジネスサイドのOKR導入──“数値目標”と“7割達成”の共存とは?

第5回 特別対談 ゲスト:葉村真樹さん【前編】

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Googleの例でみる、各部門が干渉しあわないOKR設定

堀江:CROは、各チームに対してどのようにOKRを分解していくのでしょうか。たとえばGoogleでは、プロダクト開発がセールスにも関わってくると思います。その場合はCROのOKRにプロダクトも入ってくるのでしょうか。

葉村:海外では、CROもプロダクトの進捗を把握しますが、干渉はしません。プラットフォームビジネスでは、ユーザーを集める側と、レベニューを集める側は、完全に別部門です。もちろん双方の責任者はコミュニケーションをとりますし、現場も連携することはあるでしょう。Googleの場合、プロダクト側のオブジェクトは「ユーザーを集めること」で、レベニュー側とはっきり分かれています。なので、プロダクト部門はあくまでレベニューパーミル(広告が1000回表示されるごとの利益額)を指標としており、レベニューへの責任は負っていません。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
意思決定プロセスを変革するOKRとは?連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング