コーン・フェリーとクアルトリクス、従業員エクスペリエンス改善プログラムに関するパートナーシップを発表

 コーン・フェリーとクアルトリクスは、世界中の組織で従業員エクスペリエンスを改善するグローバルなプログラム実施と、アドバイザリーサービスの構築に向けたパートナーシップを発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 従業員エクスペリエンス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 グローバルな組織コンサルティングファームであるコーン・フェリーは、SaaS型のエクスペリエンスマネジメントプラットフォームを提供するクアルトリクスとパートナーシップを結び、同社が提供する「クアルトリクス・パートナー・ネットワーク(QPN)」に参加する。コーン・フェリーの組織コンサルティングの手法や専門知識と、クアルトリクスのエクスペリエンスマネジメントプラットフォーム™を組み合わせ、従業員ジャーニーの各段階で成果を引き出すための専門知識とテクノロジーの提供を目指す。

 コーン・フェリーは、クアルトリクスをテクノロジープラットフォームの標準にすることで、世界中のクライアントにエンド・ツー・エンドのプログラム実施・アドバイザリーサービスを提供する。さらに、Engaged Performance™調査を迅速に実施できるQualtrics XMソリューションも構築する。また、QPNを通じて、コーン・フェリーのコンサルティングおよびアドバイザリーサービスを、世界50カ国以上のQualtrics EmployeeXM™の顧客に提供するとしている。

 クアルトリクスの最高エコシステム責任者であるJohn Torrey氏は「コーン・フェリーとクアルトリクスのパートナーシップにより、当社のお客様は、従業員データの測定、正確なインサイトの発見、業界を代表する手法に基づく迅速な対応を通して従業員エクスペリエンスを高めることができます。コーン・フェリーのクライアントは何十年も前から、従業員の雇用、能力開発、エンゲージメントについて自信をもって決断を下してきました。コーン・フェリーの専門知識と当社のテクノロジーを組み合わせることで、お客様は、あらゆるエクスペリエンスが重要となる今日の経済環境で競争力を維持することができます」と話した。

 コーン・フェリー、RPO、プロフェッショナルサーチおよびプロダクツ担当CEOのByrne Mulrooney氏は「クアルトリクスの従業員エクスペリエンス製品は、将来を見越した調整・拡張可能テクノロジーであり、コーン・フェリーが市場に提供する専門サービスを支えるものです。当社はこのパートナーシップにより、社員エンゲージメント、カルチャーサーベイ、360度評価、経営者が人材と人材マネジメントシステムを最大限に活かすことができるソーシャルリスニング・ツールを備えた最高のプラットフォームモデルで市場を開拓できるようになります」と語った。