三井不動産、MaaSプラットフォーム「Whim」と街づくりにおけるMaaSの実用化へ向けた協業を発表

 三井不動産は、MaaSプラットフォーム「Whim」を展開するMaaS Global社と街づくりにおけるMaaSの実用化に向けた協業を発表した。2019年内に首都圏において交通事業者等と連携した実証実験を開始する予定。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 事業開発 テクノロジー MaaS 実証実験

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 三井不動産が協業を発表したMaaS Global社(以下MG社)は、MaaSの統合スマホアプリである「Whim(ウィム)」を提供する企業。「Whim」は、都市交通において、MaaSを世界で初めて実践したサービスで、フィンランドのヘルシンキ、イギリスのバーミンガム、ベルギーのアントワープに進出している。

 三井不動産とMG社は、2019年内に首都圏において交通事業者等と連携した実証実験を開始予定だという。

 街づくりにおける幅広い事業領域を持つ三井不動産は、MG社がグローバルで展開してきたMaaS事業との連携によって、街づくり視点でのMaaSの実用化を目指すとしている。