SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

失敗しない新規事業開発の進め方

新規事業開発において事業プランやアイデアよりも大切なこと──適切な評価と検証に必要なアプローチとは?

第3回

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

アイデア創出段階で注意すべき“リソース配分”

 最後に、「事業プランやアイデアを評価/検証を行うためのリソース/体制が無い」ケースの対処法についてご紹介します。アイデアを適切に評価/検証するために、検証すべき仮説を選定し、その内容に応じた最適な検証方法やアプローチを採用できたとしても、肝心の検証活動そのものを実際に行うためのリソースや体制が社内に無ければ進めることはできません。しかし、日本企業の新規事業開発の現場においてはこのような事態が頻繁に発生します。

 なぜなら、企業内で働く人の大半が既存事業に関する仕事しか経験が無い中で、既存の市場や顧客、データなどをリサーチ・分析し、それに基づく計画を立てるというリサーチやプランニング段階に多くのリソースを偏在させてしまうからです。しかし、前回も解説した通り、不確実性の高い新規事業開発においてはアイデア創出段階のリサーチやプランニングではなく、その後の評価/検証フェーズにこそ、リソースを偏在させる必要があります。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
失敗しない新規事業開発の進め方連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

北嶋 貴朗(キタジマ タカアキ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング