SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

失敗しない新規事業開発の進め方

新規事業開発において事業プランやアイデアよりも大切なこと──適切な評価と検証に必要なアプローチとは?

第3回

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

事業プランやアイデアにおいて最優先に検証すべきは“顧客”と“課題”

 まず1つ目の要因である「評価すべき観点/項目や検証すべき仮説が設計できない」の対処法について詳細に解説します。アイデアを適切に評価/検証するために、まずはアイデアの構成要素を分類し、検証できる単位にブレイクダウンする必要があります。前回の「リーンキャンバス」でも触れた通り、アイデアの骨格は、誰の・どんな課題を解決することを目指すのかという“顧客”と“課題”の観点と、その課題を解決するためにどのような価値を提供するプロダクトやサービスを開発するのかという“解決策”の観点に分類されます。

 まず優先されるべきは、“顧客”と“課題”の検証です。なぜなら、解決することで大きな価値を生む、つまり事業としてのポテンシャルが高い“質の高い課題”を設定できているかどうかがアイデアの根幹であり、質の低い課題に対して最適な解決策を講じたとしても、事業として成功し大きく成長していく可能性は非常に少ないからです。そのため、まずはアイデアにおいて設定されている“顧客”と“課題”に関する仮説を検証していく必要があります。そしてその基本的な考え方や観点をまとめたのが下記の図です。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
失敗しない新規事業開発の進め方連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

北嶋 貴朗(キタジマ タカアキ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング