日本初エンプロイーサクセスプラットフォーム「Well」α版をリリース 6,000万円の資金調達を実施

 企業が普段業務上利用しているSlack等のコミュニケーションツールのデータをAIで解析し、従業員のコンディションや業務時間等を客観的に可視化するサービス「Well」を開発運営するBoulder(ボルダー)は、ジェネシア・ベンチャーズ、FORCAS・ジャパンベンチャーリサーチ代表取締役の佐久間衡氏、ヘイ代表取締役の佐藤裕介氏を引受先とした総額6,000万円の資金調達を実施した。また、「Well」α版をリリース。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] ワークスタイルIT 働き方改革 従業員体験 EX

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「カスタマーサクセス」と同じく、従業員の成功(=事業の成功)と自社の収益と従業員の幸福度(ウェルビーイング)を両立させる「エンプロイーサクセス」という概念を日本でスタンダードにするべく、従業員がより前向きに働きやすくするエンプロイーサクセスプラットフォーム、「Well」を開発したと、事業背景を語った。

 「Well」は、 従来のアンケート記入が基本不要で、従業員が普段業務上で利用しているコミュニケーションツール等の行動データをAIで解析し、従業員の状態、組織のコンディション等を客観的に、かつリアルタイムで可視化することができるとしている。

■「Well」α版の提供価値

  • 低運用コスト・基本従来のアンケート記入不要
  • リアルタイム反映
  • 客観的な可視化

「Well」α版