freee、20歳~69歳の有職者に対し、起業に関するアンケート調査を実施

 freeeは、8月30日から9月2日の期間、20~69歳の有職者男女900人に対して「起業」に関するアンケート調査を実施、結果を発表した。本調査では、年代別で調査結果を分析しており、50歳から69歳のアンケート結果をまとめたシニア起業の傾向も発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] ワークスタイル

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 年代別「起業の関心度」では、30代の42.4%が「既に起業している、もしくは起業に関心がある(あった)」と回答した。同様に、20代では39.5%、40代で37.4%が起業に関心を示した。50歳以上のシニア層では、4人に1人にあたる28.7%が「起業に関心がある」と回答した。次に、現在起業に関心がある人に絞った「具体的にいつぐらいに実現したいですか」という質問には、シニア層の32.1%が「3年以内に実現したい」と答えた。これは、20代の22.7%、30代の23.7%、40代の26.3%と年代別でみても最も高い数字だったという。

 続いて、起業関心層への「なぜ起業しようと思いましたか」という質問では、「自由に仕事がしたかった」(年代合計:46.0%)が全年代において最も多く、次点で「収入を増やしたかった」(年代合計:34.5%)、「趣味・特技を生かしたかった」(年代合計:23.3%)という結果だった。年代別でみると、20代から40代では大きな意識の違いは見られないものの、シニア層では、「自由に仕事がしたかった」(43.7%)、「収入を増やしたかった」(28.7%)に続いて、「退職後年金以外の収入も得たいから」(23.7%)が上位にランクインした。

 次に、起業関心層に「起業に対して不安に感じていることで、起業に踏み切れない(なかった)要因」について質問した。全年代で見ると1位が「自己資金の不足」(年代合計:52.3%)、2位に「資金の調達の難しさ」(年代合計:39.3%)、3位に「収入減など失敗した時のリスクが大きい」(年代合計:37.8%)という結果だった。年代別でみると、20代は、資金面の他に「起業の方法が分からない」(40.3%)、「各種手続きが煩雑そう」(38.9%)という回答が多かったという。30代でも同様に「事業運営に関する知識・ノウハウがない」(46.8%)や「各種手続きが煩雑そう」(39.6%)が回答上位だった。40代やシニア層は、資金面への不安や収入減に対するリスクに回答が集中しており、実務面についての不安は感じていないようだとしている。

 「起業に関心がない」と回答した人に対する「どの不安要因が解消されればあなたは起業したいと思いますか」という問いでは「自己資金の不足」(年代合計:25.0%)、「収入減など失敗した時のリスクが大きい」(年代合計:23.7%)が回答を集めた。年代別でみると、資金不足や収入減のリスクの他に20代では「起業の方法が分からない」(29.5%)、30代では「起業の方法が分からない」(37.8%)、「事業運営に関する知識・ノウハウがない」(37.8%)などの回答が上位だったという。