「mercari R4D」、研究開発アドバイザリーボードを設置

 メルカリの研究開発組織「mercari R4D(アールフォーディー)」(以下、R4D)は、新たに研究開発アドバイザリーボードを設置し、村井純氏、川原圭博氏、尹祐根氏がボードメンバーに就任したと発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 事業開発 テクノロジー

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 R4Dでは、メルカリグループのサービスや事業における将来的なイノベーション創出を目指し、関連する先端技術領域の研究開発を行っている。今回、社外の有識者による第三者の視点での研究開発に関する諮問および意思決定プロセスを強化していくことを目的に、メルカリの研究開発に関する「研究開発アドバイザリーボード」を新たに設置した。

 アドバイザリーボードのチェアパーソンである村井純氏は「20世紀のコンピュータサイエンスによる第1次イノベーションは、ビジネスから切り離された、IT企業の研究グループらによって生み出されてきました。今回日本を代表するようなベンチャー企業であるメルカリが、21世紀に純粋な研究開発のチャレンジを本格的に始めたことをとても頼もしく思います。第1回研究開発アドバイザリーボードでは、各分野の研究計画や技術の未来に関する深い議論をすることができ、R4Dのさらなる成長に期待しています」と話した。

アドバイザリーボードメンバーについて

村井純氏

慶應義塾大学環境情報学部教授 大学院政策・メディア研究科委員長 工学博士(慶應義塾大学・1987年取得) 1984年日本初のネットワーク間接続「JUNET」を設立。1988年インターネット研究コンソーシアムWIDEプロジェクトを発足させ、インターネット網の整備、普及に尽力。初期インターネットを、日本語をはじめとする多言語対応へと導く。内閣高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部(IT総合戦略本部)有識者本部員、内閣サイバーセキュリティセンターサイバーセキュリティ戦略本部本部員、IoT推進コンソーシアム会長他、各省庁委員会の主査や委員などを多数務め、国際学会等でも活動。2013年「インターネットの殿堂(パイオニア部門)」入りを果たす。2019年フランス共和国レジオン・ドヌール勲章シュヴァリエを受章。「日本のインターネットの父」として知られる。

川原圭博氏

東京大学大学院工学系研究科教授。2005年東京大学大学院情報理工学系研究科博士課程修了 博士(情報理工学)。2018年「第15回(平成30年度)日本学術振興会賞」受賞。社会の様々な場面で活用されるInternet of Things (IoT)分野を支える、情報通信、ものづくり技術や無線給電技術に関するユニークな研究に幅広く取り組む。近年では、研究室で生まれた様々な研究成果を、大学発ベンチャー企業や企業とのコラボレーションを通じて社会に還元している。

尹祐根(ユン・ウグン)氏

ロボット研究者、起業家、投資家。兵庫県生まれ。九州大学工学部卒業、九州大学大学院工学研究科修士課程修了。東北大学大学院工学研究科にて博士(工学)取得。マニピュレーション技術を中心に、遠隔操作・人の技能解析とロボットへの実装・肘関節のないロボットアームなどの研究に約20年従事。 東北大学助手、産業技術総合研究所の主任研究員を経て、2007年に産総研発ベンチャーのライフロボティクスを創業。同社で、15億円の資金調達を実施しつつ、世界で唯一、肘のない協働ロボットCOROを開発し、販売。2018年に同社をファナックに売却し、完全子会社化。2018年から産総研に復帰。