東芝エネルギーシステムズ、ドローンを活用したプラント施設や高所設備の効率的・高精度な点検技術を開発

 東芝と東芝エネルギーシステムズ(以下、ESS)は、ドローンを活用したプラント施設や高所設備の効率的・高精度な点検技術を開発した。プラント施設や高所設備の3Dイメージを精緻に構築し、ドローンの最適な飛行ルートの事前生成と画像認識技術を組み合わせることにより、劣化箇所の把握などの点検を効率的かつ高精度に行う。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] ドローン

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回開発した技術では、最初に東芝プラントシステム株式会社が保有する3Dレーザ計測技術を用いて、対象施設の形状を計測し、サイバー空間上に施設の形状を三次元に再現する。次に、東芝が保有する生産シミュレーション技術を活用し、施設を撮影するためのドローンの最適な飛行ルートをサイバー空間上で生成。その後、この最適な飛行ルートに従ってドローンが自律飛行してフィジカル空間上で施設を撮影し、サイバー空間上に施設をより精緻に三次元で再構成する。

 ドローンが撮影した画像に、東芝が保有する画像解析技術を用いることで、錆などを検出し、劣化箇所を特定することができるという。また、定期的に点検することで経時変化を把握することができ、将来の劣化予測につなげることも期待できる。

 この技術により、作業員が簡単に立ち入れない所や、足場を組まなければいけない高所の点検作業を容易に行うことが可能となる。東芝およびESSは、今後国内で複数の実証試験を行うことで技術の完成度を高め、実用化を目指すとしている。