SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

人事と経営のジレンマ

なぜ現場との対話を大切にする経営者は「話し言葉」を使うのか──オイシックス・ラ・大地のPMIでの実践

ゲスト:オイシックス・ラ・大地株式会社HR本部 人材企画室室長 三浦孝文氏【前編】

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

企業規模の拡大期に必要な、人事による社長と現場の対話のチューニング

荒金:組織統合や再編の折には、「他社・他部署のアセットの良いところだけ使おう」という力学が働く瞬間もあるかと思います。とくに成長スピードを求めようとすると、事業的な都合で雑に急いでかけ合わせて、内部で働く人たちが置いてきぼりになってしまうケースも多い。オイシックス・ラ・大地では、そこでどうして焦らず、「対話を大事にしていこう」という判断ができたのでしょうか。

三浦:人とのコミュニケーションを大事にするカルチャーがもともとオイシックスにあった、というのは大きいかもしれません。わたし自身、これまでにベンチャーやITを中心とした様々な会社の経営層の方にお会いしてきましたが、その中でも弊社の経営陣は、いい意味でとてもウェットだなと感じています。例えば、社員に育児や介護の問題など仕事に影響のある私的な課題が発生した場合、良い意味で公私混同し、上司やHRが一緒に課題を解決しようと、柔軟な働き方の提案などをします。こういった話ができているのは、とてもいいカルチャーだなと感じていますし、日々経営陣と話をしていて感じるのは本当に一人ひとりをよく見ているんだなと。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
人事と経営のジレンマ連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング