SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

人事と経営のジレンマ

なぜ現場との対話を大切にする経営者は「話し言葉」を使うのか──オイシックス・ラ・大地のPMIでの実践

ゲスト:オイシックス・ラ・大地株式会社HR本部 人材企画室室長 三浦孝文氏【前編】

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

名経営者が持つ、「話し言葉」と「書き言葉」の使い分け

荒金:経営層が現場とのコミュニケーションを大事にしているとのことですが、具体的にはどんなことを話されているのでしょうか。

三浦:高島が社員に向けて話すとき大事にしているのは、「何のためにこの事業があるのか」という“Why”の部分ですね。小売業には、売りに徹する商戦期があり、その期間はどうしても目先の売り上げにとらわれがちになります。そういった時期にこそ、高島は現場に顔を出す機会を増やして、“Why”の問いかけを繰り返し発しているんです。先に紹介したORDismの表彰は毎週おこなっており、必ず高島自ら表彰をおこない、一言コメントを添えています。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
人事と経営のジレンマ連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング