ISIDとビープラッツ、製造業など大手のサブスクリプション事業支援で提携

 電通国際情報サービス(以下、ISID)とビープラッツは、ビープラッツが提供するサブスクリプション統合プラットフォーム「Bplats®」の販売パートナーシップ契約を締結した。ISIDは、製造業をはじめとする大手企業を対象に、Bplats®の販売を開始するとともに、新たな顧客体験創出に向けた事業開発の企画・検討から立ち上げまで、一連のプロセスをトータルで支援していく。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] サブスクリプション

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ISIDは、金融業や製造業など、幅広い顧客企業の業務革新を支援するソリューションを提供してきた。近年では、デジタルビジネス創出に向けたコンサルティングや人材育成サービスの提供にも注力している。ビープラッツは、サブスクリプションビジネスにおける広範なニーズを支援する統合プラットフォームBplats®を開発・提供している。BtoCおよびBtoBビジネスに不可欠な各種機能に加え、仕入先・販売先管理などの商流全体を踏まえた機能を提供しており、多様な業態の企業で採用されている。

 両社は、本提携を通じて双方の強みを持ち寄り、新事業開発の企画・検討からサブスクリプションによる事業化計画の立案、Bplats®の導入、周辺システムとの連携までを、企業の検討フェーズに応じて幅広くサポートし、製造業をはじめとする企業の事業創出を支援していくとしている。