Biz/Zineニュース

「みんなの試作広場」運営の日立ハイテクノロジーズ、東京スター銀行の顧客企業の事業拡大を支援

 日立ハイテクノロジーズ(以下、日立ハイテク)は、東京スター銀行とビジネスマッチング契約を締結した。日立ハイテクが運営するWebメディア「みんなの試作広場(以下、みんさく)」を活用し、東京スター銀行の顧客企業である材料メーカーや加工・計測事業者が保有する高い技術力や製品、ノウハウを発信することで、顧客企業の販路拡大をはじめとする事業拡大への貢献を目指す。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 金融 事業開発 企業戦略 研究開発

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 中小企業を中心とした材料メーカーや、加工・計測事業者は、長年培った高い技術力・ノウハウを持っているものの、Webサイト等のデジタルメディアを通して自社の技術力や製品の魅力に関する情報発信が少ないため、新製品の試作開発を行っている製造業の研究開発部門へのアプローチが乏しく、ビジネス拡大に向けた情報発信の機会を増やす必要があった。

 日立ハイテクでは、研究開発現場における試作に必要な基礎知識や技術動向に関する情報を材料メーカーや、加工・計測事業者への取材に基づいて記事化し、同社が運営するWebメディア「みんさく」にて公開している。「みんさく」は、研究者や設計開発者向けに試作開発のヒントになるアイデア・技術・製品などをわかりやすくまとめ、研究開発現場での試作をサポートする情報提供ツール。

 東京スター銀行の顧客に日立ハイテクが運営する「みんさく」を紹介し、技術や製品を紹介する機会として活用を促進することで、新規顧客の獲得や認知度向上を図り、製品・サービスの販売強化に向けた取り組みを支援する。また、東京スター銀行の持つ幅広いネットワークを通じて、製造業の研究開発部門をつなぐパイプの役割を果たすとともに、首都圏を中心とした各地の地域活性化に貢献することも目的としている。