Biz/Zineニュース

NTTPC、5Gネットワークを利用したSD-WAN実証実験により、IoTやDX向けの有用性を確認

 NTTPCコミュニケーションズ(以下、NTTPC)は、NTTドコモ(以下、ドコモ)が提供するドコモ5Gオープンパートナープログラムに参画し、IoTやDXを推進するための5Gネットワーク+SD-WAN実証実験を実施した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SD-WANは、Web上のコントロールパネルを利用して、有線、無線などアクセス回線種別を問わずにセキュアなネットワークを構築、運用することが可能な技術。NTTグループが開発したSD-WAN技術をベースにMaster'sONE CloudWANサービスを2017年より提供してきたNTTPCは、さらなるネットワーク利用の高度化・複雑化を見据え、5GネットワークとSD-WAN技術との組み合わせによる相乗効果の確認を目的として、実証実験を実施したという。

 今回の実証実験では、ドコモの「5Gプレサービス」環境とNTTPCバックボーンネットワークをダイレクト接続することにより、高速・低遅延という5Gネットワークの特性を生かすと共に、セキュリティを考慮しかつ柔軟に設定変更可能な閉域ネットワーク環境を構築した。このネットワーク環境において、各種SaaSやWeb会議の動作検証を行い、有効に利用できることが確認できたという。これにより、工場IoT等の分野でも5GネットワークとSD-WANを組み合わせたシンプルで柔軟なネットワークの構築が期待できることが明らかになったとしている。