Biz/Zineニュース

ロート製薬とユニメディア、ブロックチェーンの実用化に向けた共同研究を開始

 ロート製薬とユニメディアは、DX(デジタルトランスフォーメーション)の一環として、情報管理におけるセキュリティ強化を目的に、ユニメディアが開発したコンソーシアム型ブロックチェーンを用いた共同研究を開始した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回の研究では、ロート製薬の情報管理システムにコンソーシアム型ブロックチェーンを導入する。コンソーシアム型であることから、予め指定した管理者による承認のもとデータの登録・変更・削除を実行でき、いつ・誰が・どの機器で参照や送信したか全ての履歴が保管可能となる。また、ブロックチェーン内でデータ自体を分散し保管するため、外部からの侵入においてもデータの閲覧や改竄を防止でき、安全に情報を管理し連携を行うという。