Biz/Zineニュース

True Data、メーカー企業に小売業の購買データ可視化ツールを1か月無償提供 先着200社へ

 True Dataは、新型コロナウイルス感染症拡大によって、売り上げが急変するリスクを抱えるメーカー企業(先着200社)を対象に、全国ドラッグストア、食品スーパーマーケットの購買データを簡単に確認できるツール「Dolphin Eye(ドルフィンアイ)」を1か月無償提供することを発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 企業戦略 RetailTech 新型コロナウイルス感染症 COVIT-19

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ドルフィンアイ 新型コロナ対策 特別無償提供」の概要

■ツール「Dolphin Eye(ドルフィンアイ)」について

 ドラッグストア、食品スーパーマーケットで販売されている食品、日用品約500カテゴリの購買データを搭載。延べ5,000万人の購買情報をもとに統計化したデータで、売上の変化を把握できサービス。操作が簡単なためマニュアル不要で、ネット環境があればどこでも利用できるため、テレワークにも対応している。

  • 搭載データ:食品・日用品のカテゴリ・ブランド・個別商品ごと/週次・月次ベース/全国・エリア別/過去2年間

■利用詳細

 ツール「Dolphin Eye(ドルフィンアイ)」を1か月間無償提供。無料提供期間後の継続利用に関しては、新型コロナウイルス対策の特別価格での提供を検討中。対象は、メーカー企業先着200社(1社5IDまで)。申込みは、関連リンクより。

ドルフィンアイで把握できるデータ例

1:急上昇しているカテゴリ

 前月にカテゴリ内でシェアが上昇している商品を、ランキング形式で表示。

タイトル

2:売り上げの急変

 カテゴリ全体や個別商品の購買推移を、週次、月次グラフで表示。売り上げの急変をいち早く把握できる。毎週自動で最新データに更新される。

タイトル

3:購入者の属性

 購入者の性別、年代構成比のグラフを表示。他カテゴリとの比較も可能。

タイトル