Biz/Zineニュース

国内電通グループ、モンスター・ラボ社と資本業務提携 一気通貫でDXを推進

 電通と電通デジタル、電通アイソバーの国内電通グループ3社は、あらゆる事業のデジタルトランスフォーメーション(DX)をサポートするため、デジタル領域のコンサルティングとプロダクト事業を展開するモンスター・ラボと、業務提携契約を締結した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] IoT AI・機械学習 企業戦略 DX

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 同時に、国内電通グループは、電通イノベーションパートナーズが運用する「電通デジタル投資事業有限責任組合」(電通デジタル・ファンド)を通じて、モンスター・ラボ社に出資を行なった。

 モンスター・ラボ社は、日本のみならず世界15カ国26都市に拠点を構え、世界各国トップレベルのエンジニア、デザイナーをはじめ様々な業界のスペシャリストを擁している。グローバルな視野に立ったインサイトや豊富なアプリ開発経験、IoTを活用したプロダクト開発力を生かし、企業経営の在り方やビジネスモデルを再構築する戦略的なコンサルティングと、あらゆる事業のDX推進をサポートしている。

 本提携により、国内電通グループにおいてデジタル領域を牽引する電通デジタル、電通アイソバーとともに、モンスター・ラボ社の豊富な実績に基づく企画・デザイン・開発のノウハウを活用することで、アプリケーション開発やDX領域のさらなる機能強化を図るとしている。また、モンスター・ラボ社の多様性、グローバルレベルでの知見と技術開発力を、電通グループの高い統合力に接続することで、顧客企業のビジネスの変革をサポートし、デジタル戦略立案からプロダクト開発、マーケティングPDCAまで一貫して提供していくという。