Biz/Zineニュース

国立がん研究センターと三井不動産、がんの「治療」と「研究」を支える宿泊施設を2022年に開業予定

 国立がん研究センター(以下、NCC)と三井不動産は、がん患者や付き添い家族の利便向上および、千葉県柏の葉エリアに新たな診療モデル創出を目的とした宿泊施設を整備するため、5 月 27 日に国立がん研究センター東病院の土地の一部を三井不動産に賃貸する事業用定期借地契約を締結した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] ヘルスケア スマートシティ 企業戦略 5G Society5.0

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 国内有数のがん専門病院であるNCC東病院は、柏の葉エリア近郊だけでなく国内外の遠方からも含めて年間約30万人弱のがん患者に加えて、医療従事者や研究者などが多く訪れている。特に放射線治療や薬物療法等の一定期間の通院治療を必要とする場合、遠隔地からの通院は身体的な負担も大きいことから、近隣に宿泊や滞在できる施設が求められていた。

 今回、来訪者のニーズに応え利便性を向上させるために、NCC東病院の敷地内に病院と連携した宿泊施設を整備することとなった。本施設は140室程度の客室を有し、患者が付き添い者の方と一緒に過ごせる広めの客室や、中長期滞在者のためのキッチンや家電などを備えた客室も整備する予定。またNCC東病院と連携し、緊急時や相談への対応、治療と仕事の両立を支援する体制を計画。その他、がん患者やその家族を支える具体的なサービス・機能については、NCCと三井不動産が共同して今後検討を進めていくという。

5GやITなどを活用し、新たな診療モデルを創出

 NCCと三井不動産は、2019年6月に次世代医療技術・ヘルスケアサービスの開発のための連携協定を結んでおり、がんの「治療」と「克服」を目指したライフサイエンス拠点の形成を推進している。本施設も5Gなどといった新たな通信環境の整備も視野に入れ、遠隔診療・在宅医療を目標に宿泊者の健康管理に繋がるセンシングデバイスなどの実証フィールドとして活用し、新たな診療モデルの創出を目指していくという。

柏の葉スマートシティで「新たな病院と街のモデル」を創出

 NCC東病院がある千葉県柏の葉エリアにおける柏の葉スマートシティは、「環境共生」「健康長寿」「新産業創造」をテーマに、未来の課題解決型街づくりを目指している。NCC東病院は新しいがん治療・診療の開発を目指し、ITなどを活用した先進的な研究に取り組んできた。三井不動産は、公・民・学の連携によるオープンイノベーションを促進するため、民間企業との実証実験を加速する「イノベーションフィールド柏の葉」や、IoT の普及や活用、IoT 関連ビジネスの機会創出を目指す「柏の葉 IoT ビジネス共創ラボ」などを進めてきた。2019年には三井不動産、柏市などが中心となって「柏の葉スマートシティコンソーシアム」を組成した。民間データ・公共データを連携したデータプラットフォームを構築し、データの分析・利活用による新たなアプリケーションやサービスの創出にも取り組んでおり、NCC東病院も参加施設の一つとして連携・協力していくとしている。

タイトル