SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineセミナーレポート

『行動を変えるデザイン』監訳者・武山教授が語る、事例と最新潮流で解き明かす「行動変容デザイン」とは?

登壇者:慶應義塾大学 経済学部 教授 武山 政直氏【後編】

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

行動科学の注目テーマ「セルフナッジ」のデザイン応用

 いいことばかりに思える行動科学のデザインへの応用。武山氏は、行動変容デザインの本質と課題、最近特に注目されている「セルフナッジ」などへ言及した。

 「ついつい行動科学の知見がデザインに応用できるとわかると、行動科学の知見に事象を当てはめたくなる」と語る。あくまで行動科学の知見はひとつの武器であり、文化、技能・経験、社会経済要因、年齢、遺伝など様々な環境要因を組み合わせて、行動変容をもたらす「介入」の方法を考えるのがデザイナーの腕の見せ所、だという。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Biz/Zineセミナーレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング