Biz/Zineニュース

LayerX、行政機関・中央銀行等・学術機関・民間企業と共同研究を手掛けるLayerX Labs開設

 経済活動のデジタル化を推進するLayerXは、国内でも急速な盛り上がりを見せている「デジタル通貨」及び「スマートシティ」、そして「パブリックブロックチェーン」の3つを研究開発の柱に据えた、「LayerX Labs(レイヤーエックス・ラボ)」を開設する。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 事業開発 ブロックチェーン

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LayerXは、行政機関・中央銀行等・学術機関及び民間企業との共同研究を進めることでブロックチェーンのさらなる社会への適用を加速させるため、2020年8月より「LayerX Labs」を開設すると発表した。

 LayerX Labsが本年度取り組むテーマは以下の3点。

  1. デジタル通貨・決済
  2. スマートシティ(特に、組織やサービスをまたぐデジタル化)
  3. パブリックブロックチェーン

 「LayerX Labs」では、行政機関・中央銀行等・学術機関及び民間企業との共同研究、基礎技術研究として学術論文の執筆やオープンソースコミュニティへの貢献(例:Anonify、Cordage)、外部識者を招聘したアドバイザリーボード(仮)の設置、ホワイトペーパーやニュースレター等を通じた研究成果の発信を行っていくという。

 LayerXは、LayerX Labsの設立を通じて、行政機関・中央銀行・学術機関・民間企業と連携しながら、これまで以上にブロックチェーン技術の実用化にむけた研究開発を加速させるとしている。