Biz/Zineニュース

ビービット遠藤CEOが語る「デジタル時代の本質はUX」。9月16日にウェブセミナーを開催

 ビービットは、「進化し続けるUSERGRAMが創るUX企画の未来 ~CEO遠藤が語る25億調達の背景と展望 ~」と題したウェブセミナーを9月16日に開催する。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 企業戦略 UX CX DX

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セミナー概要

  • セミナー名称:進化し続けるUSERGRAMが創るUX企画の未来~CEO遠藤が語る25億調達の背景と展望
  • 日時:2020年9月16日(水)18:00~19:00
  • 講師:株式会社ビービット 遠藤 直紀氏
  • 実施形態:オンライン開催
  • 参加費:無料
  • 詳細・申込:関連リンクより

 ビービットは2000年の創業時より一貫して「デジタル時代の本質はUX」であると考え、企業のUX(ユーザエクスペリエンス)を支援。この考えをさらに発展させ、従来のコンサルティングサービスに加え、企業の担当者自身でのUX企画の実現を目指し、2017年に提供を開始したSaaSが、UXチームクラウド『USERGRAM』。

 本セミナーでは、『USERGRAM』開発の背景や、企業内でのUXを起点としたデジタルでの成果創出や、その成果を創出するチームを支える『USERGRAM』の今後の開発の展望について、ビービットCEOの遠藤 直紀氏が登壇し、解説する。

登壇者プロフィール

株式会社ビービット 代表取締役 遠藤 直紀氏
1974年鳥取県生まれ。横浜国立大学経営学部卒。米国留学後、97年にソフトウエア開発会社に就職。98年にアンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)に転職、通信会社のインターネット活用戦略策定プロジェクトなどに参画。
2000年3月、ビービットを設立し代表取締役に就任。設立当時から日本ではまだ馴染みの薄い“ユーザビリティ、ユーザエクスペリエンスの重要性”に着目、コンサルティングを開始。人間の心理を解明することで多くのデジタルサービスの改善を行ってきた。2017年からはコンサルティングに留まらず、ユーザエクスペリエンスの高めるSaaS、USERGRAMの提供を開始している。