SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineセミナーレポート

NTTデータ山口重樹氏が語る、デジタル社会を実現するための“ソーシャルデザイン”

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

スマートコネクトティッドソサエティを実現していく上で必要なソーシャルデザイン

 デジタルが新たな世界の実現に貢献する一方で、フェイクニュースやプライバシー、フィルターバブルなどのリスクも無視できず、データの権利、データの管理、取引相手の信頼、データそのものの信頼に取り組んでいく必要が生まれている。中でもデータの権利保護については情報銀行が個人の代行で個人情報を管理するスキームとして有効だ。NTTデータでは、情報銀行のシステムを構築するだけでなく、複数の情報銀行が利用可能なサービスを提供している。たとえば、NTTデータのパーソナル流通プラットフォーム「My Information Tracer」は、情報銀行が情報をデータ活用事業者に提供するなどのサービスを、本人同意を取得した上で展開している。

 また、取引相手の信頼、データの信頼を担保する技術としてブロックチェーンがある。ハッシュ値を使うことによって改ざんできないようにし、各ノードがブロックチェーンを保有し、正当性を証明していくものだ。ブロックチェーンは、分散型自律社会を実現するデジタル社会にとって不可欠な技術ともいわれ、NTTデータでは様々なバックグラウンドを持つ世界中のチームメンバーがビジネス動向、技術ナレッジを共有し、世界24の国と地域で500名超のメンバーで推進している。山口氏は、複数の調査会社のレポートにおいて、NTTデータはトップ5の中の1社として評価されていると紹介した。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Biz/Zineセミナーレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

比惠島 由理子(ヒエジマ ユリコ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング