SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

Purposeを起点とした新しい経営

Purposeを掲げることが企業と個人を豊かにする──インベスコ佐藤社長が語る「Purpose経営」

第4回 ゲスト:インベスコ・アセット・マネジメント 佐藤 秀樹氏

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

個人のPurposeと企業のPurposeの接続

丹羽:社員みなさんの中にお客様の投資体験を重視する姿勢が浸透しているように感じますが、Purposeを意識できるような取り組みはなさっていますか。

佐藤:社員一人ひとりの個人としてのPurposeを見つけるための取り組みを重視しています。今回のコロナ禍によって中断してしまっているのですが、企業のPurposeを本物にするためには、従業員の8割ぐらいは個人のPurposeをきちんと考えて、それが企業のPurposeと何らかの形でつながっていく必要があると思っています。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Purposeを起点とした新しい経営連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

フェリックス清香(フェリックスサヤカ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

丹羽 真理(ニワ マリ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング