SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

楽天モバイルと富士通、Open RANソリューションの共同開発およびグローバル展開に向けて連携

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 楽天モバイルと富士通は、グローバル展開を見据えたO-RANの技術仕様に準拠したOpen RANソリューションの共同開発に関して覚書を締結した。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 この合意に基づき両社は、楽天モバイルが開発する完全仮想化されたクラウドネイティブなモバイルネットワークプラットフォームである「Rakuten Communications Platform」(以下、RCP)へ、富士通が提供するO-RAN仕様の4Gおよび5G用無線装置(以下、RU)のインテグレーションを実施する。さらに、Open RANソリューションのグローバル展開を目指すとともに、市場をリードするイノベーションの創出を推進していく。

 Open RANは、無線の送受信装置などの仕様をオープンにして、様々なベンダーの機器やシステムとの相互接続を可能とする標準化された無線アクセスネットワーク(RAN)。両社で開発するOpen RANソリューションは、RANにおけるマルチベンダー構成を実現し、柔軟な機器調達と構築コストの削減を可能にする。また、オープンな規格に準拠しているため、安全性や透明性の高いRANを構築することができるという。

 楽天モバイルの「RCP」は、クラウドネイティブでソフトウェア中心かつOpen RANベースのプラットフォーム。クラウドや仮想化、オープン化の力を活用することで、通信事業者の5GとOpen RANの導入を加速させる。楽天モバイルは、富士通との協働により、高品質な4Gおよび5G用RUのRANポートフォリオを「RCP」に拡充する。

 富士通は、楽天モバイルの日本国内のモバイルネットワーク構築において、マルチベンダー環境下の相互接続確認を含む様々な評価試験やハードウェア品質検証試験などのサービスを提供している。すでに「RCP」の開発における品質確保にも貢献しており、本合意を通して、楽天モバイルとの取り組みをさらに強化していくとしている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング