SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Purposeを起点とした新しい経営

ピジョンが実践するパーパス経営──「この世界をもっと赤ちゃんにやさしい場所にする」を軸とした事業展開

第17回 ゲスト:ピジョン 北澤憲政氏

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

なぜ経営上パーパスを重要視したのか

永井恒男氏(以下、敬称略):御社では「愛」を経営理念に掲げ、そして2019年に新たに「赤ちゃんをいつも真に見つめ続け、この世界をもっと赤ちゃんにやさしい場所にします」というパーパスを策定されました。まずはこのパーパス策定の経緯からお聞きしてもよろしいでしょうか。

北澤憲政氏(以下、敬称略):これからの企業はパーパスを考える方向に進むだろうということは耳にしていました。最初は「パーパスって何だろう」と疑問に思った程度でしたが、その後、2018年末に翌年から社長に就任することが内定したことで、具体的に考えるようになりました。

 それがちょうどブランディングファームのインターブランドジャパンさんとお付き合いを始めた頃でもあり、ブランド戦略と事業戦略を一体化させた基本戦略を掲げるにあたっても、存在意義(パーパス)の策定が必要であると考え、本格的に検討を開始しました。その議論で出てきた様々な言葉中から「この世界を赤ちゃんにやさしい場所にする」というキーワードを使うことにしました。

永井:当時はいわゆるキャッシュフロー経営を重視されていたと伺いました。

北澤:その頃の当社は、経営は安定し、社員の給料も上げることができていました。一方で、その当時は、30代の退職者が増えていた時期でもありました。まさにこれからという時期に辞められてしまうことは、会社にとって大きな損失です。社内をもっとまとめる必要性を感じ、パーパスを利用して方向性を明確することができれば、それに沿ってみんな動いてくれるのではないかと考えたんです。つまり、対外的な見え方というよりも、社内をまとめていくためにパーパスが必要だったということです。

ピジョン株式会社 代表執行役社長 北澤憲政氏
ピジョン株式会社 代表取締役社長 北澤憲政氏

永井:なるほど。ちなみに当時、会社を去っていく方の主な理由は何だったのでしょうか。

北澤:1つには、このままピジョンにいても楽しみなことがないということ。また、それなりに大きな会社になっていたこともあり、「ピジョンにいた」というキャリアがあれば、いい条件で転職できるというのもあったようです。

永井:御社は既にブランドとして高い認知度を持ち、財務状況もよく、グローバルに展開している優良企業だったと思いますが、それでも人材が去ってしまうというのは不思議ですね。

北澤:従業員の平均年収を上げるなど、できるかぎりの対策は講じたつもりですが、人が会社に求めるものは“お金”や“社会的ステータス”だけではないのでしょうね。組織としての方向性や、何を社会に還元しているかという価値のほうが重視される時代だということだと思います。

永井:贅沢な話にも聞こえますが、素晴らしいことですよね。ちなみに、以前から「愛を製品やサービスの形にして提供することによって、世界中の赤ちゃんとご家族に喜び、幸せ、そして感動をもたらすこと」というミッションを掲げていたと思いますが、それでは不十分だったのでしょうか。

北澤:存在意義(パーパス)は、より具体的にイメージできるようにすることが大切だと考えていました。ピジョンでは、乳幼児向け商品の製造・販売だけでなく保育サービスや高齢者向けの介護事業も手掛けていますが、それゆえに明快なミッションを設定しづらかったという事情もあります。そこで、「この世界をもっと赤ちゃんにやさしい場所にします」と宣言したほうが、従業員としても動きやすくなるだろうとの狙いがありました。赤ちゃんに特化したパーパスにすることで、母乳バンクなどの活動もしっくりきます。ベビーケア事業にもっと特化していくべきだという方針で事業ポートフォリオを見直し、選択と集中をしたという訳です。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
“従業員ありき”のパーパス策定プロセス

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Purposeを起点とした新しい経営連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

友清 哲(トモキヨ サトシ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング