SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Purposeを起点とした新しい経営

ピジョンが実践するパーパス経営──「この世界をもっと赤ちゃんにやさしい場所にする」を軸とした事業展開

第17回 ゲスト:ピジョン 北澤憲政氏

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

新たなパーパスが事業とブランドにもたらす好影響

永井:新しいパーパスを策定したことで、事業面とブランド面、それぞれでどのような取り組みに繋がっているのでしょうか。

北澤:まずモノづくりの面でいうと、安心安全というのは当たり前のことなので新たに始めたことではないのですが、メーカーである以上、ユーザビリティも含めて安心なモノづくりをしていきたいと考えています。たとえば現在は第三世代の哺乳器を作っていますが、赤ちゃんによっては、お母さんのおっぱいと感触が違うことで乳首をくわえることを嫌がることがあります。どのようにしたらその違和感を取り除くことができるかを考え、柔らかさを追究した乳首を研究開発しています。赤ちゃんのストレスをより緩和し、保護者の方のご負担をもっと軽減していくことを目指しました。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Purposeを起点とした新しい経営連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

友清 哲(トモキヨ サトシ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング