Biz/Zineニュース

東洋エンジニアリングとHEROZが提携、AIシステムの共同開発でプラント業界のDXを促進

 東洋エンジニアリング(以下、TOYO)とHEROZは、プラントの設計・建設に関するAI技術の活用及び、AIシステムの共同開発における業務提携契約を締結した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] DX 建設 建設DX プラント プラントエンジニアリング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 両社は、AI技術の活用やAIしいステムの開発・実装によって、プラントエンジニアリング業界のDXをスピーディーに進め、生産性向上の早期実現を目指して協力していくという。

 この業務提携で、EPC(設計・調達・建設)強靭化に向けてシステムを開発し、TOYOの全てのプロジェクトに導入することで、DXoT(Digital Transformation of TOYO)が目指す生産性6倍に寄与し、営業からプロジェクト完遂に至る一気通貫のデジタライゼーションを実現させるとしている。