SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

ビジュアルシンキングforノンデザイナー

情報デザインとグラフィックデザインの役割

第3回

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

アメリカ政府のインフォグラフィック活用

 たとえば米ホワイトハウスはインフォグラフィックを公式サイトに掲載し、情報の浸透を試みています。

The White House図表2:The White Houseのインフォグラフィック
The White House

 また、オバマ大統領の公式サイトには、「infographics」カテゴリーが設置されており、支持や寄付を集めるのにインフォグラフィックを用いています。

Barack Obama図表2:Barack Obama
Barack Obama

 いま挙げた事例では、不特定多数に向けた説明用途に加え、広報・PR面での期待が伺えます。

 広報・PRでの活用は、政府関係に限らず、企業でも行われています。

 事業の専門性や製品・サービスの優位性を伝えるため、戦略や業績を報告するため(アニュアルレポート)にインフォグラフィックを用いる事例が増えてきています。

 事例の多くは、Web上でのインフォグラフィック公開です。

 ソーシャルメディアを筆頭に、オンラインの情報の流れはとても速いです。その中で目を惹くための手法の一つとしてインフォグラフィックが注目されています。

次のページ
「図解」との最大の違いは訴求スピード

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
ビジュアルシンキングforノンデザイナー連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ビジュアルシンキング 櫻田(ビジュアルシンキング サクラダ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング