Biz/Zineニュース

NECとM-aid、健康維持・増進に向けた行動変容を促す企業向け新サービスを提供開始

 M-aidと日本電気(以下、NEC)は協業し、健康維持・増進に向けた社員の行動変容を促す新たなサービスを、7月19日から健康経営を志向する企業の人事総務や企業健保向けに提供する。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] AI 行動変容 NEC

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 このサービスは、M-aidが提供する健康診断結果の管理アプリ「HEALTHY LAB」とNECのAIを活用した「NEC健診結果予測シミュレーション」を連携することで、健診結果のデータ取得から分析までをワンストップで提供することが可能になるもの。社員一人ひとりの未病や予防につながる行動変容を促すことができるという。

 具体的には、健診結果の動画解説機能に加え、アプリケーションで蓄積された健康診断結果からAIを用いて将来の体重、腹囲、血圧、血糖、脂質及び肝機能の検査数値の予測を示し、AIが分析した効果の高い生活改善提案や、生活改善を実践した場合の将来予測について可視化する。これにより、ユーザーが主体的に健康改善の意思を持ち、その行動変容を日常ログで継続的に管理することが可能となる。