SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

ヤマハ発動機流データ分析の民主化

データサイエンティストと一緒に仕事ができる人を育てる──データ分析活動のCheckとActionとは

第4回

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

研修にも当然問われる、費用対効果の最大化とは

 データサイエンティストと現場側のリテラシーの差によるスタックを発生させないためにひとつできることが、最低限のデータ読解能力をビジネスパーソンに基本スキルとして身に付けてもらうことです。そのため第3週では「1.変数による状況把握」「2.変数による要因と結果の関係把握」という厳選した内容を取り上げました。1日30分で1週間という限られた時間軸の中で詰め込みすぎるのは離脱を起こすリスクを引き上げるだけですので、「裾野を広げる」「データサイエンティストと一緒に働く人の学習を支援する」という当初のコンセプトを守り、内容を絞り込んだのです。今回の内容をある程度理解してもらえれば、分析手法や内容が高度になったとしても、重要なポイントを押さえることが可能だと考えました。

データ読解画像クリックで拡大

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
ヤマハ発動機流データ分析の民主化連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

大西 圭一 (オオニシ ケイイチ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング