SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

「三位一体の経営」の実践者

シニフィアン小林氏と語る、IPO前後の「三位一体の経営」──資本市場への説明能力が成長の鍵となる理由

ゲスト:シニフィアン株式会社 共同代表 小林 賢治氏

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

上場のためのチェックリストではない「コーポレートガバナンス」の本来の意味

小林:私はよく「継続的に成長するためにはリスクテイクしつづける必要があり、そのための仕組みを備えるべきだ」と言っています。ですが、多くのスタートアップがコーポレートガバナンスに注目するのは上場のときですよね。「上場のために監査役を置かなきゃいけない」とか「内部統制を整えなきゃいけない」といったように、あたかもチェックリストのように多くのことを言い渡されます。

 みんな、本来のコーポレートガバナンスの目的がわからないから、すごくモヤモヤしたまま、一問一答的な対応をしてしまうケースがまま見られます。「資本市場との対話がなぜ必要ですか?」と聞くと、「必要だとコーポレートガバナンスコードに書いてあるから…」と。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
「三位一体の経営」の実践者連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

やつづかえり(ヤツヅカエリ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング