SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

ヤマト運輸と日野自動車、超低床・ウォークスルーの小型BEVを用いた集配業務の実証実験を開始

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 ヤマト運輸と日野自動車は、2021年11月24日から日野が開発した超低床・ウォークスルーの小型BEV(Battery Electric Vehicle)トラック「日野デュトロ Z EV」を用いた集配業務の実証実験を開始する。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 この実証実験では、温室効果ガス排出量削減効果や、集配業務における効率性・作業負荷低減の効果などを確認するという。

実証実験の内容

  • 実証期間:2021年11月24日~22年5月末
  • 実証台数:2台
  • 車両:日野デュトロ Z EV
  • 実施場所:ヤマト運輸日野日野台センター(東京都日野市)、ヤマト運輸狭山中央センター(埼玉県狭山市)

車両の特徴

 走行時に温室効果ガスを排出せず、環境に配慮した車両で、環境だけでなく、都市部や住宅街での宅配業務の作業効率も考慮した構造となっている。

  • コンパクト:小型トラックで、普通免許で運転が可能
  • 低いヒップポイント:運転席の乗降がスムーズ
  • ウォークスルー構造:運転席から荷室への移動がしやすく、作業性向上
  • 超低床構造:荷室への乗降がしやすく、ドライバーの負担を軽減
  • 高い静粛性:周辺環境にも配慮
  • 安全技術:市街地走行に必要な先進安全技術を装備

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング