SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

二項動態のDX

行政の役割は「統治」から「帰属意識の醸成」へ──Government as a Serviceの未来

ゲスト:経済産業省 商務情報政策局 情報プロジェクト室長/デジタル庁 企画官 吉田 泰己氏

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

理想は行政が「見えない存在」になること

行政DX

市谷:「未来の行政がこうなったらいい」という理想の姿を聞かせてください。

吉田:現時点では完全に妄想ですが、“行政を感じさせないようなサービス”になっていることではないかと。エストニアではそれを指して「見えない行政」などとも言っています。今はみんなが「行政手続きは面倒くさいもの」と思っていますが、それを面倒くさいと思われない世界が「見えない行政」です。気づいたら手続きが終わっているとか、民間サービスを使うのと同じ感覚で行政手続きも行える、とか。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
二項動態のDX連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

鈴木 陸夫(スズキ アツオ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング