SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

二項動態のDX

行政の役割は「統治」から「帰属意識の醸成」へ──Government as a Serviceの未来

ゲスト:経済産業省 商務情報政策局 情報プロジェクト室長/デジタル庁 企画官 吉田 泰己氏

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

過去の統治制度を変革する「Government as a Service」

行政DX

吉田:公共サービスをデジタル化すればSaaSになって、月額課金のサブスクリプションサービスのようになるのではないか。例えばごみ収集とか、いろいろ福祉的なサービスとか、自分が必要なサービス分だけ支払うようになる。どんな自治体に行ってもそれが同じ価格で提供されている世界があったら、本当はそれがいい。そうすると、何のために税金を払っているかが透明化する。それが「Government as a Service」ではないかと思います。

 そして、その金額を超えて特定の自治体に支払うとしたらその要因となることは何か。それは自分が住んでいるその土地に、他の土地にはない付加価値を感じているからです。だから税金を払っているのであるとなるはずです。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
二項動態のDX連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

鈴木 陸夫(スズキ アツオ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング