SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

ビジネスアジリティとデザイン

MUFG戦略子会社CXOの浅沼氏と語る、体験デザインの金融サービスへの実装とは?

ゲスト:Japan Digital Design 株式会社 CXO 浅沼尚氏

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 本連載では、行政、スタートアップ、大企業組織の変革のキーマンをゲストに招き、DX実現に不可欠な「ビジネスアジリティ」をめぐって、顧客起点での体験デザインやプロダクトマネジメント、組織変革までを幅広く議論。ホストはコンセントリクス・カタリスト(旧タイガースパイク)のメンバー。今回のゲストは、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)の戦略子会社Japan Digital Design CXOの浅沼尚氏。浅沼氏はレガシーな金融機関でどのように体験デザインを実行し、定着させているのか。そのチーム組成やデザインプロセスなどに迫ります。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

ゼロから立ち上げた金融デザインチーム

根岸慶氏(以下、敬称略):まずは浅沼さんのこれまでのキャリアから聞かせてください。

浅沼尚氏(以下、敬称略):約20年にわたり、デザイン業務に携わってきました。キャリアのスタートは、家電メーカーのインダストリアルデザイナーとしてIT機器や家電のデザインをするところからでした。その後、UXコンサルティングの会社へ転職し、航空、小売、保険、金融といった幅広い業界でUXのコンサルティングに従事しました。

 現在は、金融分野でCXO(Chief Experience Officer)として体験デザインを推進する立場にあります。

根岸:Japan Digital Design(以下、JDD)についてもご紹介いただけますか。

浅沼:MUFGの戦略子会社で、前身はMUFGの内部組織「Innovation Lab」です。新しい金融サービスの創出に向けてチャレンジする組織として2016年2月に立ち上げられた「Innovation Lab」ですが、1年間試行錯誤していく中で様々な課題に直面したことで、新たに会社をつくり、MUFGの外の組織として進めたほうがいいという話になりました。こうして2017年10月に設立されたのがJDDです。

 JDDは当初、MUFG内のプロジェクトと一定の距離を保ち、自社サービスとして新たな金融サービスを立ち上げることを事業の中心に据えていました。2021年4月からは、JDDの持つアセットをうまく活用しながらMUFG内のサービスやプロダクトを共創することにシフトし、グループ全体の新しいサービスの創出やDX推進に貢献するという方針に変わっています。

 設立当初からのミッションは「金融の新しいあたりまえを創造し人々の成長に貢献する」こと。ここでの「新しいあたりまえ」とは、データと顧客価値の循環を意味します。データ分析に基づいて新しい金融サービスを創出し、それをユーザーに使ってもらうことで新しいデータを得て、そのデータを活用してさらに既存サービスに新しい機能を追加したり、新たなサービス創出につなげたり、などの良循環をつくるのが我々の目指すところです。

Japan Digital Design
クリックすると拡大します

根岸:JDDの従業員は専門人材が多くなりますよね。人材の採用はMUFG内からか、もしくは外部からでしょうか。

浅沼:従業員の7割は中途採用で、ビジネス開発、データサイエンティスト、エンジニア、デザイナーなど幅広い分野の専門人材が在籍しています。また、データ分析・蓄積を安全に行えるインフラも社内に備えていますので、顧客体験を設計することとデータを分析することの両方を社内で行える体制になっています。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
CXOとして最初に取り組んだこと

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
ビジネスアジリティとデザイン連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

鈴木 陸夫(スズキ アツオ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング