SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

経営変革の「思想」と「実装」

宇田川准教授と語る、組織の“慢性疾患”への処方箋「2onN」とは──他者との関係性で解消する適応課題

ゲスト:大和ライフネクスト株式会社 佐藤加奈氏、大友烈氏

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

変革後に目指す企業の未来に、“個人の姿”を描けるか

宇田川元一
埼玉大学経済経営系大学院 准教授 宇田川元一氏

宇田川:社長からお題を出して演繹的に考えさせようとすると、役員の皆さんは動かない。そんなときに経営者は、「彼らは問題を理解していない」と考えて危機感を醸成しようとしがちです。

 問題は危機感の有無ではなく、課題に対して自発性を持てていないことだと、ストーリーテリングとリーダーシップの関係を論じたデニングも指摘[3]しています。外から指摘された問題を命じられるがままに解決しようとしても、自発性がないからうまくいかないし、そのような環境では次の経営者は育ちません。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
経営変革の「思想」と「実装」連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

やつづかえり(ヤツヅカエリ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング