SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

パーソルホールディングス、日本マイクロソフトと社会人の「デジタルリスキリング」サービスで協働

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 パーソルホールディングスは、日本マイクロソフトと「社会人の学び」において協働を開始すると発表。パーソルグループが向き合う個人に対し、デジタル領域の研修やeラーニングなど「デジタルリスキリング」の機会を提供するという。

 具体的には、社会人に対しパーソルグループがサービス・学習機会を、日本マイクロソフトが学習プラットフォームを提供し、学びの支援を加速させることで、個人のキャリアの可能性を拡大するとともに、新たな価値創出に取り組むとしている。

 各協働内容は以下のとおり。

リスキリングに必要なスキルセットとマインドセットを伴走型で支援し、デジタル人材育成を支援

 リスキリングに特化したIT技術の学習をオンラインで伴走する、法人向けサービスを提供。研修の設計から目標設定、環境づくり、モチベーション維持まで、5つのステップで「個別最適化」を実現し、成果につながる学習を叶えるという。なお、2021年に日本マイクロソフトと業務提携を発表して以降、高度クラウド人材育成の協業を通じてAzure認定資格取得の支援を行っている。合格率は72%となっており、地方にもサービスを展開しているという(推進企業:パーソルイノベーション「学びのコーチ」)。

生産性向上や新技術領域のスキルを保有するエンジニア人材育成

 IT・機電領域のエンジニア1,000名を対象に、業務プロセス自動化サービス「Microsoft Power Automate」とデータ可視化ツールの「Power BI」の習得を推進。エンジニアとしてベースとなるスキルに加えて、就業現場の業務改善・生産性向上に貢献できるスキルを身につけることで、エンジニアとしての市場価値向上を実現するとしている(推進企業:パーソルテクノロジースタッフ)。

ノーコード・ローコードに特化した人材育成と導入・内製化を支援

 企業のデジタル人材育成において、ノーコード・ローコード製品である「Microsoft Power Platform」を用いた研修・トレーニングプログラムを企画開発し、企業向けに提供。専門的なトレーニングを受けたコンサルタントが、研修プログラムの企画開発とインストラクターを担当し、実践的な学習機会を提供するという。また、Microsoft Power Platformの導入を検討している人や、活用方法がわからないといった人を対象に、導入・内製化を支援。顧客の要望や課題に応じてトレーニングを提供するほか、PoC環境の構築支援、業務アプリの作成支援、漏洩などのリスク回避を目的とした管理・監視などの運用をサポートし、企業のDX推進を後押しすると述べている(推進企業:パーソルプロセス&テクノロジー)。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング