森ビル、イノベーション創出支援で「ヒルズ・イグニッション・プログラム」をスタート

スクールやトークセッション、ウェブメディアで、起業やイノベーションを促進

 森ビル(東京都港区)は、イノベーションの核となる次世代プレイヤーの発掘や育成、交流の促進を目的に、「ヒルズ・イグニッション・プログラム(HIP)」をスタートすると発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] スタートアップ

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 HIPは、起業家や企業内の新規事業立案者など、あらゆるイノベーションを起こそうとする人々に、様々な学びや交流の機会を提供する、スクール、トークセッション、ウェブマガジンからなるプログラムだという。

 スクールプログラム「HIP school」は、「次世代イノベーターの人材育成」を目指し、新しい事業やビジネスを興すために不可欠なマインドやビジネススキルを学ぶ講義と、具体的なビジネスモデルを議論するワークショップで構成される、6日間の講座。

  ■スクールプログラム「HIP school」

  • 講師:山脇秀樹(ドラッカースクール前学長)、山川恭弘(バブソンカレッジ准教授)ほか
  • 日程:7月25日(土)、9月12日(土)、10月17日(土)、11月21日(土)、12月12日(土)、12月13日(日)
  • 会場:六本木アカデミーヒルズほか
  • 料金:7万円(講義4回+ワークショップ1回)
  • 定員:40名

 トークセッション「HIP conference」は、今までにない考え方で、世の中の流れを転換してきたゲームチェンジャーを招き、彼らがいかに既存のルールを変えたのか、業界の最新動向をシェアしながら、新たなビジネスの可能性を探る、7回シリーズのトークセッション。

  ■トークセッション「HIP conference」

  • 登壇者:小泉進次郎(衆議院議員)、中島宏(株式会社ディー・エヌ・エー 執行役員 新規事業推進室長)ほか
  • 日程:第1回 7月27日(月) ※第2回以降の日程は未定 6月17日(水)より申込開始
  • 会場:虎ノ門ヒルズフォーラムほか
  • 料金:1万円(セミナー+交流会)
  • 定員:350名

 また、ウェブマガジン「HIP」は、「これからのイノベーターの着火点となるコンテンツの発信」を目指し、ビジネスの現場でこれまでの「あたりまえ」を疑い、新しい道を拓いた人々のインタビュー記事などを掲載する。企画制作と運営は、CINRAと共同で行う。