Biz/Zineニュース

ISID、FinTechスタートアップ向けにクラウド環境や開発ツールを無償提供へ

「Microsoft BizSpark Network Partner」に加盟

 電通国際情報サービス(ISID、東京都港区)は、FinTechスタートアップの事業拡大を支援することを目的に、マイクロソフトの「Microsoft BizSpark Network Partner」に加盟したことを発表した。これにより、ISIDはマイクロソフトのクラウド環境や開発ツールを3年間無償で利用できるスタートアップ支援プログラム「Microsoft BizSpark」の提供が可能になる。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] スタートアップ FinTech

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ISIDは、かねてからFinTechスタートアップへの出資や事業支援に取り組んでおり、2月には三菱地所および電通との協業により、日本初のFinTech産業拠点「FINOLAB(フィノラボ)」を大手町エリアに開設した。7月現在、FINOLABには30社の有望なFinTechスタートアップが入居し、金融機関等を交えた共同プロジェクトも複数スタートしているという。

 ISIDは、今回のプログラム提供を、FINOLAB入居企業をはじめとするFinTechスタートアップへの支援の一環として実施していくという。加盟パートナーは、独自の判断で支援先を決定することができるため、スタートアップの事業拡大を、柔軟かつスピーディに支援する施策の1つとして取り入れていくとしている。

 「Microsoft BizSpark」は、マイクロソフトが提供するスタートアップ支援プログラム。設立5年未満のスタートアップ、もしくは法人化を目指す起業家を対象として、起業に必要なマイクロソフト製の開発ツールやその他ソフトウェア、クラウド環境、技術サポートを3年間無償で提供する。