SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

共創し学習する新しい組織論

組織が「問題解決のパラドクス」に陥らないために必要な、リーダーの“触媒”としての役割

共創し学習する新しい組織論:第5回(コラム第3回)

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

U理論が示した“解釈の次元”の学びが「コラボレーティブな関係性」を加速する

『U理論』『U理論――過去や偏見にとらわれず、本当に必要な「変化」を生み出す技術』
C オットー シャーマー (著), C Otto Scharmer (著), 中土井 僚 (翻訳), 由佐 美加子 (翻訳) / 英治出版

 オットー・シャーマーの『U理論』が示したUプロセスのフレームワークでは、先に示した問題解決のパラドクスに陥っている状況のことを「ダウンローディング」と呼んでいる。ダウンローディングは、過去の問題解決の枠組みで、現在起きていることを理解してしまい、反応してしまうことである。ダウンローディングを続けている限りは、問題解決のパラドクスはますます悪化していく。このダウンローディングを止めるためには、まず既存の解釈のシステムから抜け出さなければならない。そのために、シャーマーはまずは立ち止まること、そして、「見ること(seeing)」の重要性を述べる。立ち止まる、とは、解釈のシステムを一度保留すること、そして、見る、とは、自分たちの準拠している解釈のシステムを対象化して眺めることである。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
共創し学習する新しい組織論連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

宇田川 元一(ウダガワ モトカズ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング