IoT,VR/AR,AIイベント「RIOT」、yenta、BONX、ユカイ工学、QUANTUMの有志主催で開催

“ボトムアップのイノベーション"をテーマに掲げる新イベント「RIOT」が10月1日に開催される。主催するのは、yenta、BONX、ユカイ工学、QUANTUMなどの有志メンバー。第一回は基調対談に暦本純一氏、稲見昌彦先生を据える他、各回の有識者20名が登壇の予定。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] IoT VR AI

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新イベント「RIOT」が、IoT、VR/AR、AIをテーマに各分野のプレイヤー20名をスピーカーに招き開催される。主催メンバーとして、ビジネスマッチングアプリ「yenta」の岡利幸氏、BONXの楢崎雄太氏、ユカイ工学の青木 俊介氏、QUANTUMの井上裕太氏、エンジニアの粟飯原俊介氏が名を連ねる。

このイベントの主旨としては、これまでの国が主体になるような「トップダウンのオープンイノベーション」ではなく、現場の研究者、エンジニアからのボトムアップによる対話とビジネス創造の場を作ろうというもの。

イベント名称の「RIOT」には、「暴動/動乱」の他にスラングとして「無茶苦茶面白いこと」の意味が含まれている。
実行母体の岡村氏は、AIビジネスマッチングアプリ「yenta」を運営するアトラエのCTO。イベントの企画構成は、実行委員会がオルガナイザーとしておこなう。

キーノートとして、東京大学大学院情報学環教授 暦本純一氏と東京大学大学院教授 稲見昌彦氏が対談をおこなう。
会場のDMM.comの新オフィスのイベントスペースで、交流会もおこなわれる予定。

■イベントスケジュール

13:00〜開場
13:30〜13:40 主催者からの挨拶


13:40〜14:30 トークセッション:AIの産業の中のスペシャリストの視点(仮)
・株式会社 Preferred Infrastructure 海野 裕也氏
・Fairy Devices株式会社 藤野 真人氏
・スマートメディカル株式会社 山崎 はずむ氏
・株式会社PKSHA Technology 渡邉 陽太郎氏


14:35〜15:25 トークセッション:AR/VRの行く末とは?
・株式会社meleap(HADO) 福田 浩士氏
・Gatebox株式会社 武地 実氏
・慶應義塾大学 理工学部 情報工学科・准教授 杉本 麻樹先生
・クラスター株式会社 加藤 直人氏


15:35〜16:25 トークセッション:ハードウェアスタートアップのホントのトコロ(仮)
・株式会社BONX 宮坂 貴大氏
・ユカイ工学株式会社 青木 俊介氏
・株式会社チカク(まごチャンネル) 佐藤 未知氏
・株式会社Moff 高萩 昭範


16:30〜17:20 トークセッション:
大企業発イノベーション〜大企業だからこそ出来る事業開発のリアル (仮)
・株式会社LIXIL (General Manager, Marketing Strategy Div. 兼 Head of Digital Transformation Dept.) 二瓶 拓穂氏


17:25〜18:35
・基調対談:暦本 純一先生 & 稲見 昌彦先生


18:45〜20:30 交流会


■参加対象者

・IoT, VR/AR, AIに何らかの情熱を持っている方
・IoT, VR/AR, AIに絡めて何かを企てたい方
・IoT, VR/AR, AIの領域に関わりたい方
など

■主催者

・完全審査制AIビジネスマッチングアプリ「yenta」 岡 利幸
・株式会社BONX 楢崎 雄太
・ユカイ工学株式会社 青木 俊介
・QUANTUM Inc. 井上 裕太
・Engineer, Technical Investor 粟飯原 俊介

■会場

DMM.com新オフィス内イベントスペース
東京都港区六本木三丁目2番1号 住友不動産六本木グランドタワー24階

■参加申し込み
- peatix: http://riot-1.peatix.com/