SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

組織変革のための方法論「Positive Deviance」

ポジティブ・ディビアンスの第一人者が語る、組織とイノベーションにおける「技術的問題」と「適応課題」とは?

Adaptive Change !「社会課題解決や組織開発での適応課題・行動変容に対処する」セミナー&ワークショップ講演録:前編

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

イノベーションにおける「技術的問題」と「適応課題」──“カイゼン”の先にイノベーションは存在しない

タイトル

Pascale:ディック・フォスベリーという人をご存知でしょうか? 1968年のメキシコオリンピックの走り高跳び選手で、出場選手の中ではひとりだけ背面跳びを採用した選手で、金メダルを獲得したました。それまでの記録を3.5cm伸ばしました。これは走り高跳びとしては非常に大きな記録更新です。適応型の変化に置き換えると、この記録更新をどのように捉えることができるでしょうか?

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
組織変革のための方法論「Positive Deviance」連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング