SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineセミナーレポート

石川善樹氏、若手官僚、外村仁氏が語る「未来の食とテクノロジ」──人生100年時代の食事は累計10万食

Smart Kitchen Summit Japan 2018セミナーレポート Vol.2

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

個人の味覚を分析し、位置づけを行うAIエンジン「Food Galaxy」

 ではここから、Personalization of tasteがどのようなステップを踏んで実現されたかを見ていこう。石川氏は、Personalization of tasteがクリアした2つの課題を順に説明した。まずは「味覚の立ち位置」だ。

 考えるヒントとして紹介されたのは、「子供のお弁当」。一般的に日本人家庭の子供が食べるお弁当といえば、おにぎり・卵焼き・唐揚げといったメニューが思い浮かぶ。では、海外の子供達はどうだろうか。たとえば石川氏が幼少時代を過ごしたボストンのクラスメイトたちは、ピーナツバターとジャムのサンドイッチ、フルーツや野菜が入ったお弁当だった。つまり、どの国に住んでいるかで、味覚や食文化は異なるのである。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Biz/Zineセミナーレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング