Biz/Zineニュース

大崎電気、大学・自治体・ベンチャーとの協創の場「NEXT100teXLab」を開設

 大崎電気は11月8日に、五反田に「NEXT100teXLab(ネクストヒャクテックスラボ)」を開設した。大学・自治体やベンチャー企業との協創プロジェクトを発足し、IoT技術やAI高度化を用いて新たな価値創造を目指す。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] IoT AI・機械学習 イノベーション

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大崎電気が開設した「NEXT100teXLab」は、IoTやAIといった、様々なテクノロジーを掛け合わせ、次の社会の100年の礎を築く事業を産み出す拠点を目指すという。

 大崎電気は、みらい創造機構の協力のもと、大学研究室や自治体、ベンチャー、有識者と連携し、協創プロジェクトを発足させるとしている。今後は、IoT技術やAIの高度化を推進、新たなビジネスモデルの設計、IoT機器の開発、ビックデータ活用、AI分析による新たなソリューションの創出を目指すという。