楽天、次世代スマートスタジアム等の実現に向けた5G実証実験を実施

 楽天モバイルネットワークは、11月15日に宮城県仙台市にある「楽天生命パーク宮城」にて、次世代のスマートスタジアム実現に向けた実証実験を実施した。今回の実証実験では、5Gネットワークを活用し、自動配送ロボットの遠隔操作や、ドローンの撮影映像を用いたユーザー認証、360°カメラを用いた8K VRの映像配信を行った。自動配送ロボットを用いた5Gの実証実験は国内初。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] ロボット テクノロジー ドローン VR 5G

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 楽天モバイルネットワークが今回の実証実験を通して目指す「スマートスタジアム」とは、先進的なIT技術の活用によってスポーツ観戦において新たな体験を創出する構想のこと。アプリによる飲食物注文の簡潔化や、チケットレス化などを通じた利便性の向上、VRによる遠隔ユーザーへの臨場感あふれる映像配信など、国内外のスタジアムでも導入が進んでいる。

 楽天モバイルネットワークは、5Gネットワークを活用し、楽天の様々なサービスや技術を用いた、より魅力的なスポーツ観戦体験を創出することを将来的な5Gネットワークの用途の一つに位置づけている。

 今回の実証実験は、ノキアおよびインテルと連携して実施された。ノキアが保有するAir Scale基地局および基地局設置・運用・最適化のノウハウ、インテル社製のモバイルトライアルプラットフォームを利用した5GのOTA(over the air)による環境下での実験となる。

実証実験の概要

  1. 自動配送ロボットの遠隔操作および映像での本人確認による配送
  2. ドローンによる撮影映像を用いたスタジアムでのユーザー認証
  3. スタジアム内の模様を360°の8K VRにて配信

自動配送ロボットの遠隔操作および映像での本人確認による配送

 楽天技術研究所(RIT)が宇都宮大学と連携して開発した自動配送ロボットに搭載した5G端末と、ロボット上のカメラで撮影した4K映像を用いた実証実験。リアルタイムでスムーズな遠隔操作と、高精細な映像による本人確認などの遠隔管理が可能であることが確認されたという。将来的には、スタジアム内で注文した商品の配送や、ラストワンマイルにおける配送ロボットの実用化を目指す。

自動配送ロボットの遠隔操作自動配送ロボットの遠隔操作

ドローンを用いたユーザー認証技術の実証実験

 ドローンから撮影した映像を5Gネットワーク経由で伝送し、スタジアム内の人物特定等が実施できることを確認。スタジアムでのエンターテインメントや、特定の人物への物の配送およびサービス提供での活用を目指すという。

ドローンを用いたユーザー認証ドローンを用いたユーザー認証

360°、8K VRの映像配信

 360°カメラで撮影したスタジアム内の8K VR映像データを伝送し、会場および会場外にて、観戦できることを確認。遠隔地でも、リアルタイムで臨場感あふれる観戦サービスの提供を目指す。

360° 8K VRの映像配信360° 8K VRの映像配信