プッシュ型バリューチェーンをプル型に変える―― “デジタルスレッド”と“デジタルツイン”とは?

第4回

 これまでインダストリーX.0の世界観や、日本の伝統的なものづくり業が「モノ」から「サービス」への価値転換を図っていかなければならない時代的背景を説明してきた。一方で、足元に目を向ければ、部門間のセクショナリズムや社内政治といった改革の阻害勢力、メールや電話での非効率・不確実性を伴った情報連携、個別最適化された業務プロセスなどの課題が変革への足かせとなってしまっているケースも多いのではないだろうか。
 ここからは2回にわたって、来るべき「プル型エコノミー」や「モノのスマート化・コネクティッド化によるハイパーパーソナライゼーション」の世界に向けた実践的なアプローチを紹介したい。今回は、設計領域でのデジタル化の取り組み方を、次回は生産領域での取り組み方を紹介する。

[公開日]

[著] 花岡 直毅

[タグ] IoT アジャイル開発 デジタルトランスフォーメーション デジタルスレッド デジタルツイン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テクノロジーの進化や新興企業のスピード感への対応に必要な“ソフト中心”の開発

 インダストリーX.0の世界観に照らし合わせた場合、従来のものづくりの方法を前提とした「改革」レベルの構えではグローバルの変化に対応できない恐れがある。それは、速球や変化球に全く歯が立たないままバッターボックスに立つようなものなのだ。

 従来のスタンドアローン型の製品では、メカ>エレキ>ソフトの主従関係で直列的に行われてきた設計開発だが、インダストリーX.0の世界では、ソフトが設計開発の中心に位置するようになる。

【図表1】ソフトがインダストリーX.0の設計開発の主役に(アクセンチュア作成)【図表1】ソフトがインダストリーX.0の設計開発の主役に(アクセンチュア作成)

 これまで触れてきたように、スマート化・コネクティッド化のために必要なセンサーや機械学習、ブロックチェーンなどのデジタルテクノロジーの進化スピードは、自社の開発リードタイムとは比べ物にならないほど速い(図表2)。より良い顧客体験を提供する同業他社や新興デジタル企業に、いつの間にか大差をつけられてしまうリスクを常に抱えていることに、まずは目を向けるべきである。

【図表2】先進技術のコストインデックス(2002年=100) (アクセンチュア作成)【図表2】先進技術のコストインデックス(2002年=100) (アクセンチュア作成)

バックナンバー